ペニス増大サプリの表示や広告の嘘はどこに通報すればいい?

ペニス増大サプリに記載された表示

ペニス増大サプリを購入する時に気をつけなければいけないのは、商品の説明に記載されている情報です。一般的なペニス増大サプリには、商品に含まれている成分や、使用されている材料の情報が記載されています。

そのために、購入者は表記された文章を見ることで、ペニス増大サプリの内容を具体的に確認できます。このような商品の情報はパッケージの裏側などにも記載されていますが、必要な情報が表記されていることにより、消費者が安心して購入できるようになっています。

商品に関する表示は広告などにも記載されている場合がありますが、ペニス増大サプリを購入しようと考えている場合には、商品を選ぶ際の参考にできます。記載されているペニス増大サプリに関する情報が全て真実ならば良いのですが、問題となるのは表示の中に嘘が表記されている場合です。このような場合には嘘の表示があることを、関係機関に通報することもできます。

不当表示を通報できる機関

ペニス増大サプリのパッケージや広告に、商品に関する嘘の情報が記載されている場合に通報できるのが、消費者庁や公正取引委員会です。これらの機関では、嘘が含まれている商品広告に関係する情報の提供を求めていることから、ペニス増大サプリの広告についても通報できます。

これらの広告が問題になるのは、景品表示法という法律に抵触するからです。この法律では、商品について嘘や大げさな情報が記載されている広告などのことを、不当表示と定義しています。

必ずしも100パーセント嘘の情報だけでなく、消費者が誤認してしまうような内容が記載されている場合も、不当表示にあたる場合があります。こうした表示にあてはまるものがペニス増大サプリの広告などに記載されている場合には、上記の諸機関に通報できるほか、住んでいる地域の都道府県にも通報できます。

都道府県の自治体では、景品表示法主管課などで、不当表示に関する情報の提供を受け付けています。

まとめ

ペニス増大サプリを購入する場合には、商品の広告やパッケージに表示されている情報が本当に正しいものであるかどうか確かめてから購入したほうが、安心して使用できます。記載されている表示に嘘が混じっている場合や、誤解を招くような表現がある場合には、関係機関に通報することができます。情報の提供を受け付けているのは消費者庁や公正取引委員会です。各都道府県の景品表示法主管課でも、不当表示に関する情報の提供を受けています。